尼崎双星高校 野球部へ

「パフォーマンス向上の為の食セミナー」を尼崎双星高校 野球部にて開催させて頂きました。(H30.12月9日)
部員へのアンケート結果や監督からのお話から、今の現状の食の理解度や問題点等をあらいだしていきます。
学校ごとに問題点が異なり、同じ高校生でもスポーツへの取り組み方、意識の持ち方の違い、などによってパフォーマンスも違ってきます。
またセミナー時の部員達の反応の違いなどが、実際の練習の取り組み方の違いとなっている所もあり、それぞれの学校カラーがあり、新たな発見だらけでした。
今回は身体作りの為に食べたいけど、食べれないをどうするか?をしっかりお伝えしました。
基本、食は楽しく!!が大前提なので、どう楽しく自分が食べれるかを考えてほしいです。
特に野球は白ご飯を山ほど食べないと、と思われがちですが、「もち・パン・じゃがいもなどなど・・・」同じ糖質のものに置き変えたり食の楽しさを知ってほしいです。
また、食べる事が嫌いという部員が、お弁当を他のみんなが食べ終わってもずっと、周りを気にしながら食べていました。私から言わせれば、「ゆっくり時間かけて噛んで食べれる」というのは「食トレの一つできでるなぁ~すごいなぁ!」と思います。だって噛む事で、唾液がたくさん出て消化酵素が増え、消化吸収の体の機能が高まる事につながるので、力強くなれるんです。なかなか難しい事ができている彼に自信をもってほしいなと思いました。
食の積み重ねを力に。
とてもあたたかい部員達で楽しい時間でした。

セミナー3

 

コメントを残す