自分の体 どう動く?どう動かす?

ヨガはいろんなポーズをとりますが、「そのポーズの形」を追求する人もいます。
確かに新たなポーズをとれるまでには、かなりの自己鍛錬が必要でその過程は大切ですし出来た喜びは計り知れないと思います。
でも私はポーズが出来た喜びよりも、自分の体がどう動くのかを知り、その動きの上で意識的にどう動かしていくかを探るのがとても楽しい。日によって力矢印の加減が違う事で感じ方が違うし、中心から動くのか、中心に意識をよせるのか、によっても感覚が違う楽しさ。これは私の中ではポーズがとれた喜びよりも勝ります。
なので私のレッスンでは、逆立ちしたり、びっくりするような難しいポーズをしたりしません。ポーズを追い求めるにあたり怪我する人がたくさんいるので、そうなってしまっては普段の生活が楽しめないのは全く意味なし。
自分が怪我や痛い思いをしないよう★予防対策★、自分の体の可動域を確認したり、負担のかかりにくい腰回りを守るためのコルセットの筋肉達を鍛えたり。生徒も皆様の思うように体が動くようになってくると、しなやかで意識が指先までいきわたっています。

 

コメントを残す